たまご通信

イカ焼きって聞くとどんな食べ物?

やっと緊急事態宣言も解除されてちょっと気持ちが楽になったと言いますか街が少しづつ活気づいてるのは本当に嬉しいことです。
今回の特集はイカ焼きです🦑
イカ焼きと聞いてほとんどの方はイカの姿焼きをイメージされる方が多いのではないでしょうか。
でも関西圏特に大阪ではイカ焼きと言えば小麦粉にイカを入れてクレープ状に焼いた物と想像されるでしょう。
1998年天神橋筋商店街に『いかが?』をオープンさせて以来23年イカ焼きについては朝まで語れる我が社の社長を筆頭に社員たちもイカ焼き愛が溢れています!
ただし筆者は社歴が短くあまりキレイに焼けないのですがたまご愛は誰にも負けないです(笑)

ここで面白いテーマでデータを取られているのを発見しましたので紹介します。
【都道府県別】「イカ焼き」と言えばどっち?
イカ焼きを販売しています私どもには特に興味がある記事になります。
結果としては「丸焼き派」が約70%「粉もん派」約30%になってますね。
やはり大阪を中心に近畿が多いです。また島根県・山口県・愛媛県が意外と多いのにビックリ( ゜Д゜)

こちらのイカ焼きは縁日や屋台などで見られることが多いですよね。イカを丸ごと甘しょっぱい醤油味を付けて焼きとても良い匂いで漂い誰もが引き寄せられます。
他にも「イカの姿焼き」「イカのゴロ焼き」「イカの肝焼き」「イカ姿焼きせんべい」などイカ焼きというワードで様々なイカ焼きが全国にあるようです。

こちらはお店によって若干作り方が異なりますが小麦粉をメインとする簡単に言えばお好み焼きやたこ焼きと同様の粉もの料理となります。
上下両面プレスのイカ焼き機専用の器具を使いそこに小麦粉の生地を引き刻んだイカを入れてそこに卵を落としプレスで一気に焼き上げます。
約五分ほどで焼き上がりソースを塗って出来上がりです。
醤油で食べたりネギやチーズのトッピングをしたりと食べ方のバリエーションは凄くあります。
57kitchenでは炎のイカ焼きまであるようで辛いもの好きなわたしは今度一度食べに行こうと思っています。

ここでセラ・ルージュのイカ焼きのこだわりポイントをご紹介します。

①長年研究を重ねて作られた生地は食べた時のモチモチ感が半端ないです。

②1枚に対して1個使う「こだわり卵」は卵の味を最大限に生かすために生地に混ぜずに生たまごをそのまま落としてプレスしますので普通のイカ焼きでは味わえない感動です。

③ソースはオタフクソースさんと共同開発した特製のイカ焼き専用オリジナルソースです。

現在は百貨店やイベント催事を中心に展開していますが実店舗は大阪にあります「イカ焼きいかガアメリカ村店」「イカ焼きウッフ千躰店
と京都の嵐山の近くにあります「57Kitchen」こちらになりますので皆さんお近くに来られた際はぜひお立ち寄りください♡

また以前SNSで発信しましたが2020年1月12日放送の「相葉マナブ」の番組で全国のイカ焼き特集で大阪代表に我が社のイカ焼きが紹介されました。(動画が出せないのが残念)
私も撮影の現場に同行しまして相葉さんのカッコ良さや澤部さんのツッコミの速さには驚かされました。 そこで相葉さんが実際にイカ焼きを焼いてましたがその姿も絵になってました。そこでたまごの美味しさやたまごが濃いと言ってもらえたのがとても嬉しかった印象が今でも残っています。
改めてご結婚おめでとうございます㊗️
※そこに出ていました我が社員も相葉さんに負けないぐらい男前でしたよ(笑)

こだわり卵の購入はこちらから
こだわり家族のこだわり卵オンラインショップ

株式会社セラ・ルージュ
住所:大阪市北区天神橋4丁目7番13号 イトーピア扇町ビル5F
電話番号: 06-6882-1335