たまご通信

卵に目鼻って?ことわざの中のたまご

先日、祖母が友人の子供を見て「卵に目鼻とはこのことだねー」と言ったのですが、なんとなく雰囲気は伝わったものの、馴染みのない表現だったので調べてみると「卵に目と鼻をつけたような、色白でかわいらしい顔だちのたとえ」のことでした。

そのまんまと言えばそのまんまだった訳ですが、卵がつくことわざや慣用句って他にどんなのがあったかなと、それをきっかけに考えたのですが、すぐに思いついたのは二つでした。
ひとつは「コロンブスの卵」です。
誰にでもできそうな簡単なことでも、それを最初に思いついて行うことは難しいということのたとえですね。
アメリカ大陸発見にケチをつけられたコロンブスが、テーブルに卵を立てることを試みさせ、誰もできなかった後に卵の尻を軽くつぶして立てて見せたという逸話からきているたとえです。

もうひとつが「鶏が先か、卵が先か」でした。
てっきり「卵が先か、鶏が先か」だと思っていましたがウィキペディアでは鶏が先になっていました。
(ということは暗に鶏が先であることを示しているのだろうか、、、)
どちらにしてもこれも有名ですよね。
鶏と卵のどちらが先にできたのか、説明のしようがない堂々巡りなことのたとえです。

ただ実はこのふたつしか思いつかなかったのです。
教養だけが取り柄だと思ったんですけどね、、、(・・?) えっ?

ことわざや慣用句といえば、風刺や教訓・知識などを含んだ、世代から世代へと言い伝えられてきた簡潔な言葉や言い回しですが、言われてみれば「たまご」に関することわざや慣用句ってあんまり思いつかないかもしれないなと思い、少し調べてみました。
ことわざを使えば、自分の思いや感情を長々と説明するよりも、簡潔に言い表せることもありますよね。
せっかく卵の会社にいるんだし、日常的に卵のことわざ使いまくるぞ!
って意気込んでみたのですが、少し意外な結果になりました。

危うきこと累卵の如し

読み:あやうきことるいらんのごとし
きわめて不安定な状態で、今にも崩壊してしまいそうなほど危険な状態のたとえ。
「累卵」とは積み重ねた卵のことです。
積み重ねた卵がいつ崩れるかわからないという意。

金の卵を産む鵞鳥を殺すな

読み:きんのたまごをうむがちょうをころすな
欲張り過ぎて一度に大きな利益を得ようとすると、その利益を生み出す資源まで失ってしまうことがあるということ。利益を生み出す資源にも考慮する事により、長期的に大きな利益を得ることができるたとえ。
毎日一個の金の卵を産む鵞鳥の持ち主が、一度に大儲けしようと鵞鳥の腹を切り裂き、結局鵞鳥を死なせてしまったというイソップ寓話から。

卵の殻で海を渡る

読み:たまごのからでうみをわたる
到底不可能なこと。非常に危険なことをするたとえ。
安定感があり、不安がない例えの「大船に乗ったつもりで」という言葉の反義語になります。

卵を盗む者は牛も盗む

読み:たまごをぬすむものはうしもぬすむ
小さな悪事をはたらいた者は、いずれ大きな犯罪を犯すようになるということ。
そのためにも、小さな悪事も見逃さずに戒めるべきであるということ。
うそつきは泥棒のはじまりと同義です。

卵を見て時夜を求む

読み:たまごをみてじやをもとむ
鶏が卵の中にあるうちから時を告げることを期待する。
転じて、あまりにも早計なこと、結果をいそぎ期待しすぎることのたとえ。
「時夜」は、鶏が夜明けに鳴いて時を知らせること。
卵のうちから、鶏に成長して時を告げることを待ち望むという意から。

卵を以て石に投ず

読み:たまごをもっていしにとうず
自分の力を省みずに強い者に立ち向かえば、損ばかりでなんにもならないことのたとえ。
また、道理の通らない愚かな行為のたとえ。
卵を石に投げつけても卵が割れるだけで、石はなんの損傷も受けないことから。

卵を割らないでオムレツは作れない

読み:たまごをわらないでおむれつはつくれない
目的を達成するためには犠牲が必要であるというたとえ。
「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の同義語。
転じて、「やってみなければ判らない」という意味でも使われるようです。

てらつつきの子は卵から頷く

読み:てらつつきのこはたまごからうなずく
生まれながらの才能は、幼い時から自然に現れるというたとえ。
「てらつつき」は、きつつきのこと。
きつつきの子は餌の虫を捕るために、幼い時から首を上下に動かす癖があることから。

丸い卵も切りようで四角

読み:まるいたまごもきりようでしかく
どんな事でも、話し方ややり方次第で円満にいくこともあれば、角が立つこともあるというたとえ。
卵のように丸いものでも、切り方によって四角くなることもあるということ。

いかがでしたか?
西洋のことわざや故事からの引用が多く、いまいちわかりづらい言葉ばかりで、日常会話ではうまく使えないかなーといった印象でした。

卵は美味しくいただくだけでいいかな。。。(´∀`*)

こだわり卵の購入はこちらから
こだわり家族のこだわり卵オンラインショップ

株式会社セラ・ルージュ
住所:大阪市北区天神橋4丁目7番13号 イトーピア扇町ビル5F
電話番号: 06-6882-1335